細かいおもちゃを一発片付け!『収納プレイマット』のつくり方



悩ましい細々したおもちゃたちは収納できるプレイマットで解決! 丸く切って縫うだけで簡単!

みなさんは、小さなブロックやおままごとセットなどパーツやアイテム数の多いおもちゃをどんな風に収納していますか?
わが家の兄弟はブロックが大好き。車や飛行機を組み立てては日々遊び倒しておりまが、問題は片づけ! パーツが多い上に、細かく、片づけたつもりでも床にぽろぽろとパーツが落ちていたり。
そこで見つけたのは、アメリカ生まれの「Swoop」。プレイマットとして使えて、片づけるときはぎゅーんとひっぱるだけで一気にしまえます。 でも、難点はなかなか良いお値段。
そんな時は作ってみましょう!

1.パーツの多いおもちゃにオススメなのは収納できるプレイマット
2.お気に入りの布を見つけたら手作りするのがおすすめ
3.行程は布を切る→縫う→パーツを付ける、これだけ!


【STEP1】布を切りましょう!

1.はじめに、表地を円形に切ります。布を四つ折りにし、メジャーや紐などを利用して円形の1/4を描き、線に沿って切ります。
今回は直径約110cmです。


出典:ママプレス

2.切った表地を裏地と中表に合わせ、まち針で留め、表地に合わせて切ります。


出典:ママプレス

3.外側から1cmの所に印をつけます。


出典:ママプレス

【STEP2】ミシンで縫いましょう!

4.先ほどつけた印の上を縫っていきます。円は縫いきらずに15cmほど縫い残して、返し口にします。


出典:ママプレス

5.縫い終わったら、縫い代に切り込みを入れていきます。これは、表に返したときに布のツレをなくすためです。


出典:ママプレス

【STEP3】表側からも縫いましょう!

6.返し口から表に反して、アイロンをかけます。


出典:ママプレス

7.外側から1~2mmほどの場所を1周縫います。この時返し口も縫って閉じましょう。


出典:ママプレス

8.4cmほど内側に印をつけ、もう一周縫います。


出典:ママプレス

【STEP4】パーツを付けましょう!

9.二本の縫い線の真ん中に、バランスをみて計16カ所印をつけ、穴をあけます。


出典:ママプレス

10.布にハトメ(穴を補強する金具)を付けていきます。ハトメは100円均一、手芸店やホームセンターなどで購入できますよ。


出典:ママプレス

11.紐を通したら、完成です!




出典:ママプレス

ハトメを付けるのが難しい場合は、布にボタンホールを作ったり、ループを付ける方法もあるようです。
丸く切って縫うだけなので、思ったより簡単にできます。子どもの喜ぶ布を用意して作ってみるのはいかがでしょう?
文/矢野はな
参照/
swoop(外部サイト)
Toy Sack Tutorial(外部サイト)
hellolitllehouse(外部サイト)

お子様の成長と共に使わなくなったおもちゃはありませんか?

お子様の成長と共に使わなくなったもおもちゃがありましたら、これを機会にヤフオク!に出品してリユースしませんか?
自分にとって不用だけどまだ使えるモノを捨ててしまうのはもったいない! リユースして誰かの手に渡ることで、また使ってもらえるかもしれません。

リユース! ジャパン プロジェクトは、ヤフオク!を通じて「リユースがあたりまえの循環型世界」を目指しています。

このカテゴリーの記事(最新5件)