不器用でも簡単にできる!『エルゴ収納カバー』の作り方


出典:https://mamapress.jp/topic/detail/1417

いまや抱っこ紐といえばコレ! というくらい所持率が高い『エルゴ』。
とっても便利なんだけど、意外にかさばるのが難点...鞄の中に入りきらない、腰から下げたままだと屈んだときや椅子に座ったときに邪魔、
しかもみんな持ってるから、自分のがどれだかわからないことも。 そんな悩みを解消してくれると話題なのが、『エルゴ収納カバー』!
簡単に手作りできちゃうので、好きな布で世界にひとつだけの『エルゴ収納カバー』を作ってみませんか?
お裁縫が苦手な人でも絶対できる、最も簡単な作り方(筆者調べ)をご紹介します!

★summary★

★直線縫い6回+αで完成!
★外出先でも邪魔にならず、ウエストポーチのように持ち運びできる!
★間違えて他人の『エルゴ』を手に取る失敗もなくなる!

作り方はとっても簡単!
直線縫いができれば、誰でも出来ちゃう


出典:https://mamapress.jp/topic/detail/1417

【材料】

★53cm×50cmの布2枚(裏地無しの場合は1枚)
★20cmのゴム2本
★ボタン5つくらい
※スナップボタン、マジックテープなど、くっつけられる物ならなんでもOK!

【作り方】

1.縦53cm×横50cmの大きさに布を裁断する
2.布の表が内側になるように2枚を重ねる
3.縦部分の両端をまっすぐに縫う
4.3の縫い代から2cm(ゴムの幅)内側もまっすぐ縫う
5.両側にゴムを通し、伸ばした状態でゴムと生地を縫い付ける
※ゴムの部分だけ何度か返し縫いをして補強しておくとベスト!
6.横部分を縫う。片側に返し口を残すのを忘れずに!
7.布を裏返し、返し口を縫う
8.横部分にボタンをつけて、完成!
※マジックテープを使う場合も、両端だけはボタンにすることをオススメします。
※裏地無しの場合は、各辺を三つ折りしてくださいね。


難しい作業は一切なし! 直線縫いができればOK! ミシンを持ってない人は、チクチク手縫いしてももちろんOK! ボタンは外れないようにしっかり縫い付けて。ゴムは、20cmのところに印をつけてから片側を縫い付け、ぐいっと引っ張って印のところで反対側も縫い付けた後に切ると簡単!  ゆったり入るサイズなので、キッチリ入れたい人は数cm短くしてくださいね。

くるくる巻くだけであっという間に収納できる!

下記写真のとおり、エルゴの肩紐部分などを丸め込み、エルゴカバーのなかにすっぽり入れられるという、便利な収納グッズ!  使い方も簡単なんです★


出典:https://mamapress.jp/topic/detail/1417

【作り方】

1.カバーの両端のボタンを留める
2.フード部分やショルダー部分を中央に入れながらくるくる巻き込む
3.カバーの中に入れて、すべてのボタンを留める
の3ステップで完成!

ウエスト部分につけっぱなしでもかわいい!


出典:https://mamapress.jp/topic/detail/1417

普段は、両端のボタンだけ留めてつけっぱなしで大丈夫。手持ちの『エルゴ』の色にマッチする布で作れば、さらにオシャレに。余力がある人は、お揃いの布でよだれカバーも作れば、他の誰とも被らない世界でひとつだけのエルゴコーデが完成!

お家で! お外で! 大活躍すること間違いなし!


出典:https://mamapress.jp/topic/detail/1417

使わないときは、ウエストポーチのように腰につけたままでも、ベビーカーにかけても、外出先の椅子にひっかけても、邪魔になりません。
コンパクトだから、お子さんに持ってもらっちゃうのも手ですよ。
お家でもスッキリ収納できて便利です!
お裁縫があまり得意ではない、大雑把な性格の筆者ですが、一晩で簡単に作れました!
まっすぐ裁断できなくても、多少縫い目が歪んでも、ゴムを通すので気になりませんよ。

ぜひ試してみてくださいね。

文・写真/水谷花楓
参照/
MAMA'sJOB「直線縫いが出来れば大丈夫! 意外と簡単に作れるエルゴ収納カバー」(外部サイト)
Lii♡にっき 「エルゴ収納ケースの作り方」(外部サイト)
ゆう坊日記 「エルゴ収納袋の作り方」(外部サイト)
LOVE SEWING! 「エルゴ収納カバーの作り方」(外部サイト)
目指せ! ムーミン一家 「エルゴ収納カバーが完成。」(外部サイト)
yamazaki factory☆ 「手作り抱っこ紐収納カバー」(外部サイト)

おうちの中にある使わなくなった、だっこひもをヤフオク!に出品しませんか?

あなたのだっこひもを誰かが必要としているかもしれません。
次に使ってくれる人をヤフオク!で探してみませんか?

リユース! ジャパン プロジェクトは、ヤフオク!を通じて「リユースがあたりまえの循環型世界」を目指しています。

このカテゴリーの記事(最新5件)