モノの息吹

vol.3 不良品のプラスティック容器が大変身したお話

廃材を利用し、モノに新しい命を吹き込む「クリエイティブリユース®」を取り上げた"モノの息吹"。 第3回目は、不良品と分類された【プラスチック容器】がクリエイティブリユース®によって新しい命が吹き込まれ、変身をしたお話です。容器の提供者と制作者の方のお話を通してクリエイティブリユース®の楽しさ、新しいリユースの形を感じてください。

 

不良品のプラスティック容器が見せる壁面収納に!?

プラスティックケース→壁面収納

素材提供者から見たクリエイティブリユース®

ラボの方々が廃材探しに来社された時のことですが、私には見慣れた不良品に大変興味をもたれて、非常に盛り上がっていたことに当初は、びっくりでしたし、なぜ?と不思議に感じました。これらを集めて何に使われるのだろう?と思いつつ、盛り上がりに私もつられて「同じものは二つとない!」 「レア品」などと応対するようになりました(笑)。弊社から排出される不良のプラスチック成形品は、すべてマテリアルとして有価物で販売、活用しております。しかし、それ以外にもいろんな用途がありそうな感じが、やり取りの中で分かってきて、次第に興味がわきました。

樹脂焼けしたものや、空気が規格以上に混入したものはNGとしています。提供したNGの容器(バッグ・イン・コンテナ)が未来的な壁面収納ケースになっている様子を見て驚きました。ラボには樹脂不足による欠損品は提供していないので、機能上は差支えないのですが、モノづくりの現場の人間としては、やはり、きちんとした品質基準は大切だと、つい、製品を見ると思うんですよ。 廃材を通じて、地元の方と、新しいご縁がスタートしたことや、分野は違っても新しいビジネスのきっかけがありそうだなと、思い始めているところです。

 

バック・イン・コンテナご提供者情報 立花容器株式会社 代表取締役:岡野 邦男

本社 〒714-1225 岡山県小田郡矢掛町浅海385-1
TEL. 0866-82-3300
FAX. 0866-82-3401
担当者 小林勝祐

http://www.spac.co.jp/(外部リンク)

 

考案者である小川氏(マテリアルライブラリー コアメンバー)の感想

はじめに大月さんから「素材をストック出来る大きな収納が壁面に欲しい」と立花容器さんの容器を見せてもらった際、連続させることで中の様々な素材を見せられる、魅力的な収納になると感じました。
廃材ではあるものの、精度が高く、わずかに底がフタより狭まっていたので、壁面に重ねると、手前に中の素材が集まりライブラリーに訪れる人に素材が見やすいだろうな、とも。素材には色んな大きさ・形・色があるので斜めに重ねると、丁度下になる角に素材が集まり、壁面が楽しそうなディスプレイになる絵が想像できました。
実際に作る時には、壁面と容器にあわせた精度の高い図面や施工、素材が落ちてこないようなアクリルカットや目立たないようねじ留めする取付け等の工夫、ライブラリー空間との調和が不可欠でしたが、同じコアメンバーの藤澤さん、大家さん、片岡さんの持ち味を出しあい、色んな要素が集約された棚になりました。
「ライブラリーはみんなが楽しんで作業できる実験の場」ですから、みんなでワクワクしながら考えて製作したこの棚は、その方針に沿う記念すべき第一号になったのではないかと思います。

 

マテリアルライブラリーのコアメンバー小川氏とは 小川和昭氏(株式会社ココロエ一級建築士事務所所属・テリアルライブラリーのコアメンバー)

マテリアルライブラリーとは:
「IDEA R LAB」に併設された廃材の図書館です。廃材で作られた什器類(じゅうきるい)に素材が収められています。さまざまな廃材の魅力に触れ、だれもが何か作ってみたいという気持ちになるスペースです。

 

リユース! ジャパン プロジェクトより

不良品と判定されたプラスティック容器。今までも廃棄ではなく活用されていたとのことですが、不良品の容器が「どのような用途で使われているか=どんな新しい命を吹き込まれたか」を把握された時、新しいビジネスや今まで気づいていなかった視点に気づくなど新しい発見があったようです。
モノを繋いでいくリユースを通して、モノを渡す人も受け取る人も新しい気づきや発見があってほしいと私たちは考えています。リユースをしなくても、今もっているモノや廃棄しようと思っているモノの見方をちょっと変えてみると新しい発見や気づきがあるかもしれません。

 

イベント情報

クリエイティブリユース®でアート!

市内の端材や廃材をアートな目線で見直す展覧会『クリエイティブリユース®でアート!』が調布で開催されます。ゲストアーティストのクワクボリョウタさん、岩田とも子さんの作品に加え、公募された方々の作品も並びます。

開催日 開催中 2015/3/22(日)まで
開催時間 10:00~18:00
集合場所 調布市文化会館たづくり一階展示室
調布市小島町2-33-1

★入場料無料 詳細はこちら(外部サイト) Twitter: @chofu_zaidan

2015/2/28(土)14:00~16:00 トークイベント開催
ゲストアーティストのクワクボリョウタさん、岩田とも子さんや、公募制作者の方々、大月ヒロ子が、作品の見所や制作過程のエピソードなどをお話しします。
実施場所/調布市文化会館たづくり8階映像シアター 入場無料 100名【当日先着順】
詳細はこちら(外部サイト)

イベント情報

「マテリアルライブラリー 創造ワークショップ」

マテリアルライブラリーのコアメンバーや様々なクリエイターと一緒に作業します。

開催日 2015/3/7(土)〜12(木) 
  2015/3/16(月)~19(木)  
開催時間 10:00~12:00・13:00~16:00
集合場所 マテリアルライブラリー 岡山県倉敷市玉島中央町3-2-10

廃材を使った什器の取り付けやペンキ塗りなどの作業をします。作業着とタオルをもってご参加ください。
★予約不要、参加費無料 、駐車場完備

イベント情報

「イースターワークショップ」

春の訪れを感じながら、玉島地産のオリジナル卵ご飯やイースターエッグを作ります。おなかすかせてMyご飯茶碗とMyお箸を持っていらしてください。

開催日 2015/3/15(日)
開催時間 10:00~14:00
集合場所 IDEA R LAB 岡山県倉敷市玉島中央町3-4-5
参加費 1,000円

笑顔あふれるたまご専門店「うぶこっこ家」との共同企画
お申し込みはこちら(外部サイト)

Facebookでもイベント情報を確認することができます。
  https://www.facebook.com/IDEARLAB