現在位置: リユース! ジャパン プロジェクト > オークションは 応援になる。(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

よしもとクリエイティブ・エージェンシー

トップへ戻る

2016年1月29日 吉本興業による東北初の情報発信施設「福島よしもと」がオープン。 インターネット配信やイベント活動で福島の情報を日々発信し、"お笑い"による復興の後押しと福島の魅力を発信し続けていきます。 これからも、よしもとクリエイティブ・エージェンシーは福島を、そして東北を応援していきます。 今回のチャリティーでは、ペナルティ・ワッキーとパンサーがサイン入りの私物を出品します。

ペナルティ・ワッキーさん
市船サッカー部時代のユニフォーム

パンサーさん
3人のサイン入り特別ポロシャツ

"お笑い"による復興の後押しを。これからも福島を、東北を応援していきます。

<ペナルティ・ワッキー応援メッセージ>
被災者の為になにかやらなきゃ、と思いながらも 正直ほとんどなにもしていない自分がいました...
僕みたいな者でもなにか役にたてるのならば よろしくお願いします。

<パンサー応援メッセージ>
・パンサー尾形
僕は宮城県東松島市出身で、実家は津波で流されてしまいました。
父さん母さんとは災害があってから2週間連絡がとれませんでした。
その時、沢山の方が励ましてくれたり、どうにか宮城に行く方法を考えてくれたりして沢山の方に助けていただきました。
本当に人の優しさが身にしみて感じました。
沢山の方に助けていただいた感謝を忘れず、被災地の復興に僕も少しでも力になりたいです!
 
・パンサー菅
あれから何度も東北には行かせて頂いていますが、被害が大きかった場所の復興はまだまだ時間がかかるように思います。
これから先も自分自身、そして皆様と共に応援していきたいと思っております。
 
・パンサー向井
僕らは今、仙台でレギュラー番組をやらせていただいています。そのロケで最近、訪れた一つのごはん屋さんがありました。そこのご主人が作るランチがほんとに美味しくて、ロケの時にもこちらを見てニコニコ笑ってくれていました。そして、ロケが終わり帰っている時、スタッフさんからそのご主人が震災でご家族を亡くされていたのを聞きました。僕は一瞬頭が真っ白になりました。そんな辛い経験をされているのにそれを微塵も感じさせなかったからです。自分がそれを経験していたら同じように笑えているんだろうか。
被災された方とお話しさせてもらう度に前を向いて進もうというパワーに驚かされます。
僕らに何ができるかはわかりませんが、少しでもそのパワーの活力になれるようお手伝いさせていただきたいです。

地方創生イノベーションスクール2030東北クラスター

地方創生イノベーションスクール2030東北クラスター 地方創生イノベーションスクール2030 東北クラスターは、東北地方における震災からの復興はもちろんのこと、今後大きく変化する日本社会において地方創生に必要な産業や革新を生み出す人材を育成するプロジェクトです。

REUSE! JAPAN PROJECT

リユース! ジャパン プロジェクトは、地球の限りある資源でできているモノをつなぐ、かしこく使う「リユースアクション」が、私たちの未来をよりよく変えていくと考えています。

このカテゴリーの記事(最新5件)

Yahoo! JAPAN