大掃除はスッキリのチャンス! 不用なモノはリユースが鉄則

ヤフオク!の独自調査の結果によると、家の面積に対し、平均で20%を不用品が占めていることがわかりました。 見方を変えると、多くの人が家賃の20%を無駄なものに使っているといえます。これはとても"もったいない"。
大掃除はその不用なモノを一掃するチャンス。でも、ただゴミとしてしまうのも"もったいない"。
家に眠らせている不用なモノをいかす手放し方があるんです。これでダブルの「もったいない」問題を解決させてしまいましょう。
関連記事:家賃の20%が無駄になっている? リユースのススメ


ヤフオク!に出品する

日本の最大手オークションサイトであるヤフオク!。このタイミングで出品デビューしてみませんか? 
自分には不用なモノや、買ってもらえないのではないかと思っているモノを欲しい・必要としている人がいるかもしれません。 ユーザー数が多いヤフオク!ではそんな人との出会える可能性が高いのです。
難しいと思われがちな出品ですが、ガイド通りに行えば問題ありません。ただ、少しの工夫があればより多くの人に商品を見てもらえるかも!?
ためこんでいたモノを売ることで、家の中はスッキリ! お財布はちょっとホッコリになるかもしれませんよ。

●出品の一例●

・切れてしまったネックレス。バラバラにして、ハンドメイドの材料として出品。
・複数の着古したお気に入りの洋服。ボタンだけどを切り取って複数分まとめて出品。
・プラレールのレールやレゴなどのおもちゃ。パーツだけをまとめて出品。
・趣味の映画。たまってしまったチラシをまとめて出品。



●こんな工夫をしてみて●

・全体やアップだけでなく商品の状態や詳細情報が分かる画像も用意しましょう。画像加工をして工夫する人もいます。
・商品の説明には、画像だけで伝わらないことをしっかり記載します。商品の購入時期なども記載するといいでしょう。
・季節に合った商品を販売するようにしましょう。

自分が商品を購入する時、どんな情報があったらうれしいか想像しながら出品するといいかもしれませんね。



お店で買い取ってもらう


※画像はイメージです

ブックオフと言えば本やCDの買取を行っているイメージが強いですよね。でも、一部の店舗では、ファッション(洋服)、スポーツ用品、ブランド品、腕時計、バッグ、雑貨、楽器など、さまざまな商品の買取も行っているのを知っていますか? 
対面式だから安心だし、店舗に持って行くとその場で査定してくれる便利さもあります。査定料は無料なので、いくらで買い取ってもらえるのかを確認して、売る/売らないの判断も可能です。


不用なモノで支援する


※画像はイメージです

家に眠る不用なモノを買取サービスに売却して、その買取額の一部もしくは全額をプロジェクトに寄付することで応援につなげるサービス「reU funding」がスタートしました。
単にお金で支援するのではなく、自分のモノを売ることで、プロジェクト実行者を支援できす仕組みです。あなたの家に 眠っていた不用なモノで誰かが夢を実現する可能性があるのです。
どんなプロジェクトがあるのか、一度チェックしてみてください。


こんな便利サービスも

サービス名:minikura
「使うかもしれないからすぐには処分したくない」とお悩みの方には"minikura"がおすすめ! 専用キットに詰めて送るだけで、画像つきで保管してくれ、そのモノが不用になった時は、簡単にヤフオク!に出品できます。しかも落札後の面倒な梱包、発送作業も"minikura"で対応してくれるので便利です。
サービス説明はこちら

サービス名:スマート買取
ロッカーを利用した買取サービスです。ショップtypeとマンションtypeの2種類があります。専用サイトで申し込みを行ったら、モノを梱包し専用のロッカーに入れるだけで買取査定してくれます。もちろんどこのロッカーでもできるわけではないので、 まずは、対応可能なロッカーを調べましょう。
・ショップtypeのサービス説明はこちら(外部サイト)
・マンションtypeのサービス説明はこちら(外部サイト)

リユース! ジャパン プロジェクトは、ヤフオク!を通じて「リユースがあたりまえの循環型世界」を目指しています。

このカテゴリーの記事(最新5件)