風邪が流行中!? 予防のポイントは「乾燥対策」

冬本番の寒さが到来し、風邪が流行しています。みなさんは、つらい風邪をどのように予防していますか? 
当たり前のことからちょっとした意識、便利グッズなどを利用して寝込んでしまう前に、しっかり対策を行っていきましょう。


なぜ、乾燥対策なの?

空気が乾燥すると人の喉も乾燥してきます。風邪の菌は、乾燥が大好き。乾燥した喉の粘膜に、ウイルスが付着し炎症を起こし始めます。風邪のひきはじめに喉が痛くなるのは、これが原因です。
また、ウイルスは湿気によって床に落ちるといわれています。そのため、乾燥した空気の中では、空気中に紛れ込んでいる時間が長くなり感染しやすくなります。
これらの状況から、風邪予防でまず取り組むべきは「乾燥対策」といえます。

■「うがい」はやっぱり効果大! 

うがいは、ほこりやウイルスを洗い流し、喉へのウイルス進入を予防してくれます。効果をもっと出したいときは「緑茶」や「塩水」がいいといわれています。もちろん、うがいには喉を潤す効果もあります。 家庭だけでなく、会社や学校なのでも実施を徹底するといいでしょう。

■乾燥予防にも効果がある「マスク」

ウイルスの侵入を防ぐというイメージの強いマスク。効果はそれだけではありません! 
吸った息に湿気を与え、温度を上昇させる効果もあります。その湿った息で喉が潤い、風邪予防になるのです。就寝中の濡れマスクは、喉を潤す効果がさらに高いといわれていますので、試してみてはいかがですか。

■寒くても「換気」をしっかりと! 

寒い日が続くと窓を開けるのを少しちゅうちょしてしますよね。
しかし、換気をしないと、ホコリなどが混じった汚れた空気が家の中にたまったままになってしまいます。一日に一回だけでも、新鮮な空気を取り入れるように心がけましょう。
換気は、「部屋の真ん中を風が通り抜けるように、対角にある窓同士を全開にする」のが効果があるといわれています。
きれいな空気を部屋に取り込むと、風邪対策だけでなく気分も良くなりますよ。
マンションなどで窓が開けられない場合は、空気清浄機を利用するといいでしょう。また、花粉の季節に換気が難しいおうちには最適です。多機能なものが多く出ているので、一家に一台あると便利ですね。

人気の空気清浄機! 

■「部屋の湿度」を保とう! 

この時期のお部屋は暖房の影響などで乾燥しがちです。湿度が低いと呼吸器の粘膜も乾き、ウイルスにとっては好都合な状態になってしまいます。風邪予防、感染予防のために、お部屋の湿度を保つようにしましょう。 体にやさしい湿度は「60~70%」といわれています。
加湿器はもちろんですが、家の中で洗濯物を干したり、家の中に植物があることでも湿度を保つためには効果があるようです。
風邪には、ストレスもよくありません。家の中に緑があるとリラックス効果もあるので効果が倍増するかもしれませんね。

加湿器のおすすめはこれ! 

緑はリラックス効果も抜群


いかがでしたか? 風邪の予防としては、もちろん「栄養」と「休養」も大切です。基本的な体力をつけてストレスをためない! そして「乾燥対策」で風邪はある程度予防できるはずです。ぜひ、日頃から心がけるようにしましょう。

家に眠っている加湿器はありませんか? 

以前に購入した空気清浄機や加湿器を家の中で眠らせてしまっていませんか? 
去年の冬に使ってそのまま保管してた、使わないけどそのまま放置している、なんてことがあったりしますよね。もし、使っていないモノを家の中で眠らせてしまっているなら、リユースしませんか? 
せっかく使えるのに眠らせておくなんてもったいない! 必要としている人に届けましょう。

リユース! ジャパン プロジェクトは、ヤフオク!を通じて「リユースがあたりまえの循環型世界」を目指しています。

このカテゴリーの記事(最新5件)