もうクローゼットからあふれない! お洋服をスッキリ収納できる数にする5つの鉄則

季節の変わり目になると、新しいお洋服が欲しくなることがあります。欲しいままに買っていると、気がつけばお家のクローゼットやたんすがいっぱいになってしまいますね。慌てて減らしてみたり、収納を工夫してみても、すぐにあふれてしまうなんていうことも。どんなに広い収納場所があっても、お洋服をドンドン増やし続けるのには限界があります。
そこで、今回はお洋服をスッキリ収納できる数にする5つの鉄則をご紹介します。


1、「1年以内に着た服」を残す。それ以外は別の場所へ

どのお洋服も好んで買っているわけですから、そう簡単に捨てることはできないものです。
でもよく見ると、普段よく着るお洋服とそうでないお洋服がありますよ。礼服などの特別なお洋服以外の普段着はこの「1年間で着た服」だけをクローゼットやタンスに残してみましょう。
数年袖を通していないけれど捨てられないと思うお洋服は、一旦箱などに入れて、別の場所に移動してみましょう。ただし、しまい込まず、見える場所に保管し、1年後にもう一度見るようにします。1年以内に着たのであればクローゼットに、着なかったのであれば思い切って処分をしてみましょう。

2、流行のある服の寿命はかなり短い。キレイでも思い切って処分して

流行に敏感な方は、シーズンが変わるたびに新作のお洋服を買うことが多いですね。でも、流行のあるお洋服は、その寿命もとても短いです。着ている期間が短く、状態がキレイなため、タンスの肥やしになりやすいです。 流行はほどほどに取り入れて、時期が過ぎたら、キレイでも思い切って処分してみましょう。

3、ルームウェアとパジャマを増やしすぎない。洗い替え以外は処分して

以前はお出かけ用だったお洋服も、まだ着られるからといって、ルームウェアやパジャマになることも少なくありません。 ルームウェアやパジャマは、洗い替えも含めてシーズンに3~4着あれば十分です。いつまでも着られるからといって、10着も20着もルームウェアを持っているのは持ちすぎです。古いモノから優先して処分しましょう。

4、高価だけど、何年も着ていない服は別の場所へ

高かったからといって残しているお洋服も、すっかり着る機会がなくなっていませんか。高かったお洋服は、簡単には手放せないものですよね。でも、着られないお洋服がクローゼットで場所をとっていると、普段着るお洋服がお部屋に出しっぱなしになり、乱れてしまいます。
一度袖を通してみて、本当にまだ着られるのか、流行色が強くないかを見てみましょう。さすがに着られないと思えたら、リサイクルや処分をしてくださいね。
それでも、高かったからと手放すことに抵抗があるのなら、箱などに入れて、クローゼットから別の場所へ移動させましょう。クローゼットから離してみることで、また着るかもというお洋服への執着が少しずつ和らぎますよ。
箱は1年ごとに中身をチェックしてみてくださいね。毎年開けては、やっぱり捨てられないと言って戻し、これを何年も繰り返していると、そのうち気持ちに変化が生まれ手放せてしまいますよ。

5、思い出の服は、着る服ではなく「思い出のモノ」

子どもが小さい時に着た行事のお洋服、ママの行事のお洋服など、どれも普段着ることがないだけに、キレイなまま着られなくなってしまうことがありますよね。とっても思い出深いけれど、もう着ていく場所がないお洋服は、気持ちのけじめができたらリサイクルや処分してみましょう。
思い出が深く、どうしても手放せないという場合は、お洋服としての役目を終え、「思い出」のモノとして変化しています。着るお洋服ではないですので、思い出ボックスを用意して、クローゼットから移動させてみましょう。
思い出ボックスはたまに見るだけのものになりますので、思い出のモノやアルバム、使用頻度の低いモノを置いている収納場所に一緒に置いておくといいですよ。


いかがでしたか。お洋服はいつまでも増やし続けるのではなく、ある程度持つ量をキープできるといいですね。着られなくなったお洋服はクローゼットから出してあげるだけで、随分スッキリします。
一定量を持つためには、衣替えの時期にまとめて処分すること以外にも、衝動買いはなるべくやめるようにする、1着買う前に1着処分するように心がけるといいですよ。ぜひ、お試しくださいね。
 

(著:西﨑 瞳/cataso専門家ライター)

この記事を書いた専門家:西﨑 瞳
やさしいお片づけ『悠々閑閑yuyu-kankan』
整理収納コンサルタント。お子様がいるご家庭や現場でのお困りごとに「やさしいお片づけ」をご提案。簡単便利な情報をご紹介。2歳の息子のママ。
ブログ(外部サイト):やさしいお片づけ『悠々閑閑yuyu-kankan』
詳しくはこちら(外部サイト)

処分の方法は「捨てる」ではなく「リユース」がおすすめ

お洋服の片づけで出た不用な洋服はどうしていますか? まだ着れる洋服もたくさんありますよね。ただ捨てるのは「もったいない」と思うモノこそリユースがおすすめです! あなたが不用だと思ったモノが再度活用される可能性があるんです。売れたお金で、新しい洋服を買うという楽しみも増えるかもしれませんね。

リユース! ジャパン プロジェクトは、ヤフオク!を通じて「リユースがあたりまえの循環型世界」を目指しています。

このカテゴリーの記事(最新5件)