片付けリバウンドさせない! 「モノの選び方」で気を付ける4つのポイント

片付けを進めていく上で、「モノを手放す」という事も大切ですが、家に入れる「モノの選び方」も重要です。せっかくモノを手放して部屋が綺麗に整ってきても、今までと同じように家にモノを入れてしまうと部屋がまた乱れてきてしまいます。
リバウンドさせないためにはどんな事に気を付けてモノを選べばいいのでしょうか? 


1、お得感を最優先させない

セールに行くとついお得感につられてモノを選びがちになりますが、お得感のみでモノを購入しないようにしましょう。家に似たようなモノがないかどうか、そのモノを本当に必要としているのか、収納場所はあるのかをレジに行く前に立ち止まって考えるくせをつけるようにしてみましょう。

2、流行りは、処分しやすい価格の小物で取り入れる

今流行っているからという理由でモノを購入し続けてしまうと、家の中がモノで溢れてしまいます。流行りは高価な大物で取り入れるとますます処分しにくくなりますので、処分しやすい価格の小物で取り入れる事をおすすめします。

3、可愛いモノは要注意! 好きなインテリアのテイストを絞っておく

店先やネットショップで可愛いモノを見つけるとついつい手が伸びたり、購入ボタンをポチッとしてしまうという方もいらっしゃるのでは? 
直感で可愛いと思ったモノをドンドン購入してしまうと、部屋のインテリアのテイストがちぐはぐな印象になってしまう事があります。
そうならない為に、自分はどんなインテリアのテイストが好きなのかを絞っておきましょう。色んなインテリア雑誌を見たり、インテリアショップめぐりを沢山していると、自分にとって心地いいと思えるインテリアのテイストを見つける事が出来るでしょう。


出典:http://cataso.jp/idea/3554/

4、みんなが持っているからという理由で買わない

周りのみんなと同じものを持っていると安心するからという理由でモノを購入する方もいらっしゃいますが、そのモノは本当に自分が求めているモノでしょうか? 
他者に合わせてモノを選んでしまうと、後でどうしてこんなモノを買ってしまったのだろうと後悔する事が多くなります。モノを購入するときは必ず自分軸で考えるようにして、これからの自分にとって必要なモノのみを持つようにしましょう。


「モノの選び方」を立ち止まって考える事で、自分にとっての優先事項は何か、どんな事を大切にして生きていきたいのかもクリアになってきます。 モノを選ぶ力をつけておくと、人生で様々な選択を迫られる時にもきっと役に立ってくれるでしょう。


(著:中西 彰子/cataso専門家ライター)

この記事を書いた専門家:中西 彰子
心地いいお部屋づくりを心を込めてサポート
整理収納アドバイザー。奈良でお片付けレッスンを行っております。片付けやすい仕組みを作ることで、お客様が快適に暮らせるようお手伝いさせていただきます。
ブログ:ここちいいへや
詳しくはこちら

モノが増えてしまったら、上手に収納! 

「モノを選び方」をちゃんと意識しても、どうしても増えてしまったモノはおしゃれなチェストに収納しましょぅ。 
ヤフオク!には新品やお得なアウトレット品、世界に1つのハンドメイドなど種類が揃っています。あなたのお家にはどんなチェストが合いますか?

シンプルライフの始まりはリユースから! 

片付けをした後に出た不用なモノはリユースしませんか? 
ただ処分するなんてもったいない! ヤフオク!に出品して軍資金をゲットすることで、お買い物がもっと楽しくなるかもしれませんよ。
初心者の方には出品にプロにお任せする「代行出品」がおすすめ!

リユース! ジャパン プロジェクトは、ヤフオク!を通じて「リユースがあたりまえの循環型世界」を目指しています。

このカテゴリーの記事(最新5件)